安心・安全の取り組み
安心・安全の取り組み

調剤管理システム

エルム&パームでは、薬局をご利用頂く患者さまに、正しくお薬を渡すことを最優先に考え、さらに、長い時間お待たせしないよう、業務の改善・効率化を進め、常に見直しを図っております。

安心・安全の取り組みとして、お薬をお渡しするまでの業務の流れを根本から見直し、薬局業務の効率化推進はもちろん、「患者指向型かかりつけ薬局」を目指したシステムを導入し、患者さんへの服薬指導の質的向上を目指しております。

「調剤監査システム」、「在庫管理システム」、「電子薬歴」、「iPad薬歴」等のシステムを導入することにより、経験年数に依存せず正確な調剤を行うことが可能となり、自動化で生み出された人的・時間的余裕を薬剤管理指導業務や患者さんからの相談の時間に割り当てております。

お薬をお渡しするまでの流れ

電子薬歴

業務の効率化

患者さんから処方せんをお預かりしてから、患者さんの薬歴を探し出す、そして調剤・服薬指導をし、指導した内容、患者さんの体調の変化を記入し、最後に薬歴を所定の位置にしまう。というように患者さん1人に対して最低限これだけの作業をこなしています。患者さんの待ち時間の短縮と、患者さん一人一人の正確な情報の記録、また、コンピュータのデータベースを使用した、お薬の飲み合わせのチェック・副作用情報などを利用し安全にお薬を服用していただくように導入しております。

iPad薬歴について

ピッキングサポートシステム(New PORIMS)

ピッキングサポートシステム(New PORIMS)

薬品の取り間違いなどの人為的なミスを未然に防止し、患者さんへ間違った薬をお渡しすることがないように、ピッキングサポートシステムを全店舗で導入しております。
受付でレセコン入力された処方を、薬剤師がワイヤレス通信のハンディターミナルを使って、処方せんと突合しながら薬品ピッキング時に薬品棚バーコードチェックを行うだけなので、ストレスなく安心のピッキング調剤が行えます。
薬剤師が安心して働く環境をつくり、また、患者さんの安心も考えてのシステム導入です。 また、その中でも、薬剤師全員が有効活用できるように、安全管理委員会が中心となり、マニュアルを作成し、使用方法を統一しております。

散薬監査システム

散薬監査システム

散薬の監査を確実にするために、散薬監査システムを導入しております。

在庫管理システム

在庫管理システム

レセプト用コンピュータと在庫管理システムが連動していますので、自店舗の在庫をリアルタイムで把握することができます。また、オンラインにて他店舗の在庫も参照することができます。

他店舗の在庫状況が把握できることにより、急に在庫していない薬の処方せんが来た場合でも、近くの店舗より、手配することにより、より早く患者さんにお渡しできるようになっております。

在庫管理システム
薬局案内
ブログ

2018.11.30
11/28 安全管理に関する研修会を開催しました 

今回は、本年度2回目の安全管理に関する研修会を開催しました。 実際の重要過誤・インシデント事例から、取り扱いのない薬剤が処方された時どうする...

...続きはこちら